デザイン

Word、EXCELに入っている数式をIllustrator、InDesignで使う方法

ワードやエクセルのデータをもらったときに複雑な数式がある場合、これをイラストレータやInDesignで使いたいときに使った方法です。

 

【49.3%OFFの税込39,980円】Adobe Creative Cloudクリエイティブクラウドを安く購入できます。毎年毎年Creative Cloudの更新をしていますが今年も更新しました。 adobe クリエイティブクラウドの更新を ヒュー...

 

ワードやエクセルのデータをそのままコピーペーストすると文字化けしたり、崩れたりする場合があります。そんなときはPDFに書き出してアウトライン化して配置します。

そのままPDFを配置する方法でもいいのですがイラストレータデータにしたいときに役立ててください。

アウトライン化されてないPDFを無理やりIllustratorで開けるとフォントがないものは文字化けして表示されてしまいます。

Word、EXCELのデータをPDF形式で保存する

まず、イラストレータで新規ドキュメントを制作し、ワードやエクセルから制作したPDFを配置します。

キク
キク
PDFを配置するのがポイントです。PDFデータを直接イラストレータにドラックして開いてもうまくいきません。

「透明部分を分割・統合」でアウトライン化する

「オブジェクト」から「透明部分を分割・統合」を選び「すべてのテキストをアウトラインに変換」をチェックしてOKします。

 

たったこれだけの作業でアウトライン化されてないPDFをアウトラインすることが出来ました。

まとめ

手順は簡単です。PDFに書き出してイラストレータに配置する。

「透明部分を分割・統合」を選び「すべてのテキストをアウトラインに変換」するだけです。

 

こちらの記事もおすすめ